あなたに優しい 草木染めのストール【麻とリネンの違い】

梅雨の合間の晴れの日

なんだかムシムシしますね

蒸し暑い時にやっぱり通気性がよくオススメなのは麻です、いやリネンです

いや、え?そもそも麻とリネンってどう違うの???

こんにちは

大人のおしゃれ応援団・帽子大好き・ストール巻き方講師・セレクトショップゆうすい美帆です

夏になるとよく素材表示で「麻100%」や「リネン100%」などと見かけます。

麻とは素材の総称で、その麻の種類にリネン、ヘンプ、ジュート、ラミーなどがあります。

洋服に使われるのは主に、しなやかでなめらか、繊維は細くてチクチクしないリネンが使われています。よく麻はチクチクするから、と嫌煙される方がいるのですが、確かにその昔日本の麻はリネンではない種類だったのでしょう。リネンはヨーロッパ産で肌着や寝具にも使われる高級素材です。ホテルにリネン室とあるのは、上質の寝具を収納するところ、の意味からきているようです。なんてちょっと調べていてウンチク見つけました(笑)

なので肌触りを気にされる方は「リネン100%」と選べば間違いないでしょう。

そんな上質素材の「リネン100%」さらに草木染めのストールをゆうすいで取り扱うことになりました。

きっかけは一昨年ストール講座をさせていただいた「手しごとむすび市」

そこに出店されていた「まんま暮らし」さん、自然素材を活かしたものつくりをされています。

素朴なニュアンスのカラーが揃っています

染めの顔料は、藍染、蘇芳、胡桃、玉葱

こうやってくるっと巻くと綺麗なグラデーションに染まっているのがわかります

ちょうど真ん中が淡い色になっていて、巻くと顔まわりが明るくなるようになっています

こうやって巻き込むと色がツートンになって、また素敵です

ピンクとグレーが蘇芳、藍染は見ればわかりますよね♫

こちらは二つとも玉葱

同じ染料でも染めの仕方で色合いが変わるそうです

こちらは胡桃

ぜひぜひこの微妙なニュアンスの違い、手に取ってみてください

ほら、やっぱりゆうすいのお洋服に合うーーーーー!!!

こちらが作者の鍵市さん

実は鍵市さんとはうさぎさん仲間でもあるのです〜♫

こちらが鍵市さんのところのうさぎさん

2匹仲良し、かわいいーーーーー!!!

こちらがうちのラビ子さん

ついつい作品の話そっちのけで、うさぎさんの話で盛り上がってしまうんですよね(笑)

リネンのストール、使えば使うほど優しい肌触りになります

うさぎさん同様、愛着がわくこと間違いなし♡

ではまた♫

The following two tabs change content below.
内田 美帆

内田 美帆

セレクトショップゆうすい2代目オーナー 旅行会社勤務を経て現在の店を継ぐ 海外旅行の服装のアドバイスも 大の帽子好き、持っている帽子の数は100を超える 雑貨使いのおしゃれ達人 ストールの巻き方を自ら考案も そのセンスを買われ国立NHK学園のストール巻き方講座の講師にも抜擢、好評を得る コープみらいのシニア講座講師も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする