どうしても伝えたい3年前の今日の出来事!高齢者の熱中症対策について

確かそれは3年前の8月4日のこと

私は子どもたちと保育園仲間と一緒に夏祭りに来ていました

そこへ、仕事帰りに合流する予定のダンナさんから電話が入りました。「なんか叔父さんから、お袋と連絡がつかない、って、電話があった。気になるから今から様子見てくる」当時、主人の母は神奈川県で一人暮らしをしていました。義父が亡くなってから、17年、とても健康にも気を使い、一人でなんでもこなし、元気にしていました。ふた月に一度くらい、遊びに行くと、たくさんの手料理をご馳走してくれました。でも、もう80歳も近いし、そろそろどうするか、考えなきゃね。主人とも時々そんな話が出ていました。

義母の様子を見に行った主人から、連絡が入りました。「布団の中でそのまま亡くなっていた」え、え、な、なんで???あんなに元気だったじゃない!!!とてもとても信じがたいことでした。
昔気質の倹約家の義母、滅多にクーラーは使いません。一人暮らしなので、防犯を気にして、窓も滅多に開けません。

猛暑だった、あの年、機密性の悪い古い家、締め切った部屋の中で、クーラーもつけずに、窓も締め切って、就寝したのでしょう。

熱中症はスポーツをやっているとき、外で、起こりやすいと思われがちですが、実は室内で、高齢者がなることが意外に多いのです。

おそらく、寝ている間に熱中症になり、そのまま亡くなってしまった。穏やかな顔だったのが、せめてもの救いです。

あ〜もし、一緒に暮らしてたなら、リフォームしてたなら、クーラーを使うように、もっともっと、ちゃんと伝えていたなら、、、後悔は先に立たずとは言ったものです。本当に今も今も悔やまれます。

だからだから伝えたい、これだけはみなさんに伝えたい

高齢者には適切にクーラーを使うことを強く強く、勧めてください!!!

昔の人は偉いんです、我慢強いんです。偉いからとてもとても我慢します。クーラーつけっぱなしで寝るなんて、勿体無い!!!でも今はそんなことは言って入られません。昨今の猛暑はこれまでの日本の夏とは違います。真夏日が増え、確実に以前より暑くなっています。その比較にわかりやすいサイトを見つけたので参考に貼っておきます。http://bylines.news.yahoo.co.jp/fuwaraizo/20150806-00048241/

いろいろな身体の機能が低下している高齢者は、適切な体温管理が出来ません。どうかどうか、ご家族が気をつけてあげてください。以下のサイトは高齢者の熱中症対策についててです。http://www.netsuzero.jp/learning/le05

お義母さん、ごめんなさいね。もっともっと一緒にいられたら、良かった。もっともっと孫の成長を見て欲しかった。子どもたちの大切はパパを育ててくれてありがとう。私の最愛の人を産んでくれてありがとう。 

今日、お客さまからミニカボチャをいただきました。ちょうどよかった!お仏壇にお供えしようっと!

あ、でも〜最近子どもたちとダンナはちょっとクーラー冷やしすぎ!!!私は寒い思いをしています、、、使い過ぎも身体によくありません。自立神経がおかしくなったり、寝冷えをしたり、、、なにごともほどほどに、ほどほどが大切です。

The following two tabs change content below.
内田 美帆

内田 美帆

セレクトショップゆうすい2代目オーナー 旅行会社勤務を経て現在の店を継ぐ 海外旅行の服装のアドバイスも 大の帽子好き、持っている帽子の数は100を超える 雑貨使いのおしゃれ達人 ストールの巻き方を自ら考案も そのセンスを買われ国立NHK学園のストール巻き方講座の講師にも抜擢、好評を得る コープみらいのシニア講座講師も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする