お知らせ, 子育て

「サクラサク」に想いを寄せて

昨日3月1日は都立高校の合格発表日だったようです

お子さんの合否の結果の悲喜こもごも

投稿を目にして、私も一喜一憂

嬉しくなったり、一緒に胸がキューっと苦しくなったりします

 

こんにちは

大人のおしゃれ応援団、富士山と日本酒大好きセレクトショップゆうすい美帆です

我が家も昨年一昨年と続けて受験生を抱えていました

ちょうど昨年の合格発表の日は私も気が気ではありませんでした

息子一人で見に行かせ、確認したらすぐ戻ってくるように言ったのに、なかなか帰ってきません。ゆうすいと息子の中学は同じ地区なので、発表を見て戻ってくる子が何人もゆうすいの前を通ります。でも待てど暮らせど息子は一向に戻りません。

「発表を見に行って戻って来ていないのは内田くんだけなんですがどうされましたか?」とうとう中学の担任の先生からも連絡がありました。

何事かあったのではないかとまさかとは思うものの、不合格に悲観して良からぬ行動を起こしてはいやしないかなどどと思ってみたり。

お昼もだいぶ回った頃にのこのこと帰って来た息子

「合格していたよ。そのまま制服作ったりしてたから、すごい待たされちゃって、、、」

はぁ〜

合否見たら、すぐに帰ってくるように言ったでしょ〜!!!手続きはあらためてママも行くからって〜!!!

親子で合格発表を見に行く家庭も多いと聞きましたが、本人が一人でいい、というので行かせました。一人で合格手続きも全部してきたそうです。本当にしっかりしているのか、うっかりしているのか???

はぁ〜もう本当にこの時ばかりは気が抜けました、、、

実は息子、やれば出来る子なのですが、(と親バカな私は思っています)裏を返せば、やらなければ出来ない子わけで、口先ばかり達者で(誰に似たのか???あ、私か)塾の先生からも「内田くんのあの根拠のない自身はどこからくるのでしょう」と呆れて言われたものです。よく男の子は部活が終わると本気になるから、と言われ、ずっと見守っていましたが、とうとう彼のやる気スイッチは入らないままでした。

部活はあんなに頑張っていたのに〜

そこで、私は彼を説得して、あえて挑戦はさせず安全圏の高校を受験させました。安全圏とは言っても非常に特色のある学校で、彼の得意分野を伸ばせると思ったからです。それでも私と同じく花粉症のひどい彼は、テスト中に鼻血が止まらす、時間が足りなくなり、全く問題が解けなかった、絶対落ちた、、、と言って帰って来たので、合格発表の日はヒヤヒヤしていたものです。まあ、結果オーライでしたが。

さらにその前の年、娘が中学受験をしていました。

実は中学受験は予定外で、本人から受験したい、と言われ、それならば、と挑戦させたのです。ですが、受験勉強のスタートが遅く結果として本人の希望には間に合いませんでした。

早い子は小学2年生、普通でも4年生からは中学受験対策をスタートさせています。6年生からそれも秋から本格的に勉強しだした娘は思うような結果が出せませんでした。それでもその頑張りはすごかったです。

頑張っているけど、きっと結果は厳しいだろうな、と思った私は、なるべくショックを受けないように、結果はどっちでもいいんだよ、とあまりプレッシャーを与えないように接していたら「なんでそんなこと言うの?私がもっと頑張るように、もっとプレッシャーかけてよ!!!」と娘に逆に怒られました。

受験本番も連日連日よくこんなハードスケジュールをこなすものだと、付き添いの私がびっくりするほどで、よくまあ精神力が続いたものだと感心しました。

不本意な結果も淡々と受け止め進学、そして常に意識を高く持ち成績上位を維持しています。そして今また次の目標を見つけ、それに向かって大きな決断をし、一生懸命努力しています。本当に我が子ながら娘の頑張りは尊敬に値します。本当に私が産んだ子???笑

予定外だったとはいえ、中学受験の準備不足は親の責任でもあったので、今度はそのようなことのないように、本人が実力を発揮できるよう、親として最大限のバックアップをしてやろう、そう思っています。

子どもを二人育てていて思うのは、なぜ同じ親から生まれたのに、こんなに性格が違うのだろう、ということです。

かたや、のんびりお調子者、かたや、しっかり努力家

えっと、どっちが私に似たのかって???

そ、それは〜笑

我が子でも当然別人格、似ている部分、理解し難い部分

それでも親となって17年近くもなれば、なんとなく我が子のことが把握できます。

その子その子の性格を見極め、手を出しすぎず、見守る。ただし、必要な情報を与え、体験をさせる、それが親の役割だと私は思ってやってきました。

まだ途中ですが、そろそろ子育ても終盤戦

親のできることは少なくなってきました

あ、まだまだお金はかかりますから、働かなくちゃ

でもそれも楽しんで働いていますよ♫

私自身の受験は決して満足のいく結果ばかりではありませんでした。というか、不満足なものばかり、満足だったのは小学校と就職かな???

まぁ、始まりと終わりよければ全て良し???いえ、終わりはまだわかりません。終わりを決めるのはこれからの自分です。

人生良くも悪くもそれは自分次第、常に今あるところからスタートです♫

なので、受験生を持つ親御さん、結果に一喜一憂しないでくださいね

あ、喜ぶのはいいですけど、憂うのはちょっと控えてね

本人がポジティブに進めるようにそっと背中を押してあげてくださいね

いや、それも違うか

あなたはあなた、私は私

そう、干渉せずやりたいことをやっている姿を見せるのが一番かも

とは言いながら、娘の迫力に少々圧倒され、息子の楽観さにちょっとイライラする母なのでした

あ〜まだまだ私も人間未熟です

先週伊豆で見た河津桜です

今年は寒くて例年より開花が遅れて咲いているのはわずかでした

早くたくさんの桜が咲きますように♫

 

みんなで新しい門出を祝いましょう

ではまた♫

Posted on 2018-03-02 | Posted in お知らせ, 子育て | No Comments »

Related Posts

 

page top