お知らせ, 地元小金井のこと, 地域活動のこと, 子育て

雪の日の大人の事情と子どもの事情

あれはもうひと月前のことになるんですね〜

東京に大雪の降った日のこと

こんにちは

大人のおしゃれ応援団、帽子ストール大好きセレクトショップゆうすい美帆です

今は別々の高校に通う3人、久しぶりに会って余計はしゃいでいます

結局この日はうちで夕飯カレーを食べて、そのまま泊まることに

夕飯後に、かまくらつくろ〜♫とまた雪の中へ出て行く3人

え、え、本当につくちゃったよ

それも3人入れる大きさのを!!!

ほら、隣の車と比べるとその大きさがわかります〜笑

フツーの親なら、風邪引くからやめなさい!とか、近所迷惑だからやめなさい!とかいうのかな???でも〜一生にそうなんどもあることじゃなし、楽しいよね。

まあ、風邪ひいたって、元気な男子高校生、大したことないし、もう好きにさせとけ〜笑

あ、ちゃんと最後、ついでに近所の道路雪かきしておきなさい、ってそれだけは言いました♡

後日こんな投書が気になりました

今は雪遊び禁止の学校が多いとか、うちの子が小学校の時もそうでした。今でも雪が降ると娘は思い出して文句を言っています。

でも今年は違ったようです。朝の学活の時間に全校生徒一斉に雪遊びしたそうです。前の日に濡れないように支度をしてくるように、と連絡も入ったとか?

子どもたちは大喜びだったって〜♫

そうですよね〜

あの雪を窓から横目にして、授業なんか集中できないでしょ

その後、小学校の校長先生とお話しする機会があり、このことをお伝えしました。

昨年の春に新任の校長先生、せっかくの機会なので子どもたちに雪遊びをさせよう、と提案したら、職員室は騒然としたそうです。濡れて風邪でもひかせたら大変、服を汚したら大変、など、賛成の教師と反対の教師と話し合いはつかず、最後は何かあったら責任をとるから、という校長の一声で雪遊びが決まったそうです。幸い保護者からの苦情はなかったそうです。

雪遊びをさせない学校は子どもたちの貴重な機会を奪って罪深い、という投稿者の声ですが、それは保護者の苦情を慮ってのこと。

今の学校現場は大変です

過度な親の要望の対応に苦慮しています

俗にいうモンペ、モンスターペアレントですね

でも私、このモンペって言葉嫌いです

真っ当な要望も全てひとくくりにされて、言うべきことも言いづらい風潮を生み出してしまうからです。

話が逸れました。以前臨海学校帰りの息子の担任の先生から連絡が入りました。私は怪我でもしたか、何事か、とびっくりして電話に出ましたが、「息子さんが磯遊びのときに帽子を無くしてしまいました。申し訳ありません」え、、、そ、それだけですか???そんなの息子の不注意、先生が謝ることではありません。「先生、我が家は身体に関わること以外連絡ご不要ですよ」とお伝えしました。他にも習字の時、隅で服を汚してしまった、と連絡をもらった家庭もあったとか。なんだか必要以上に先生方が保護者に気を使っているようで、申し訳なく思ってしまいます。それと同時に先生方にそうさせている保護者がいることの問題も感じます。

なんだか、保護者が学校に対してお客様感覚になっているように思えて心配です。家庭で行うべき躾も学校に求めている。

ともに協力して育てよう、我が子だけでなく、地域で育てよう、そういう社会になるようにしていかなければ、そう思うのです。

PTA活動もそう、働いているから、忙しいから、参加できない、ではなく、だからこそ、保護者同士、横の連携を深めて、地域で子育てできる環境を作らないと。今の保護者は昔より忙しい???どうかな?いつの時代もそれなりに忙しかったと思います。変わったのは意識の変化かな?でもそこをどうこう言っても仕方ないし、分かりあうのも時間がかかるので、今私にできることをしよう、そう決めました。そんな私に理解を示して、手伝ってくれる仲間がいることをありがたく思って♡

え、また美帆さんに面倒巻き込まれた〜って???

あ、やっぱり〜笑

ごめんね〜

感謝しています♡

のびのび子育て〜もいいけれど、やることはやらなきゃね♫

カチコチに固まってしまった氷を息子頑張って片付けてくれました

やればできる子なんです〜笑

普段はなかなかやらなくて、イライラすることも多いですけどね

ゆるゆる子育て、今のところ、なんとかなっています

ゆるゆると春物も続々入荷中〜

ではまた♫

Related Posts

 

page top