やっぱりもらって嬉しい年賀状♡もらって嬉しいゆうすい通信♡

今年もたくさん年賀状をいただきました

最近では年賀状を出さない人も増えてきていますよね

私も毎年年末バタバタしてくると、面倒くさいし、もうやめちゃおっかな、、、と一瞬思うのですが、やはりたくさん届いた年賀状を見ると、嬉しいものです

SNSでつながっていない方は特に、年賀状だけでしかつながっていない方も多いですし、やっぱりまだまだ続けていこうと思いました

年賀状と同じように、ゆうすい通信でつながっている方もたくさんいます。今年も続けてお届けできるように頑張ります!

楽しみにしていてくださいね♫

明けましておめでとうございます

水と緑豊かな小金井のセレクトショップゆうすい美帆です

今年もどうぞよろしくお願いいたします

我が家のお正月、毎年元日には私の実家へ集まります。

両親、弟夫婦、父の姉夫婦、従姉一家、私の家族。そして今年は義妹のお母さんも初参加、一人暮らしなのでお誘いしました。総勢14人と2匹で賑やかでした。

お節料理はお煮しめと、紅白なます、お雑煮だけは手作りします。あとは市販のものを並べるだけですが、お正月用の特別な器に盛り付けます。

陶器が趣味の母のおかげで、器も見るご馳走、目でも楽しみます♫

つい数年前までは、二日にはダンナさんの実家へ行くのも恒例でした。
一人暮らしだった義母は食べきれないくらいのご馳走を作って待ていてくれました。その母が突然亡くなって今年で4回目のお正月、二日にはお墓参りに行くにが恒例となりました。

ダンナさんにはお兄さんが一人います。黒木瞳似のとっても素敵な奥さんと息子が一人、うちの子どもたちのたった一人の従兄です。ですが、残念ながら全く交流がありません。うちの子が生まれてすぐくらいまでは行き来があったのですが、その後なぜかなくなってしまいました。はっきりとはわからないのですが、義母とお嫁さんの関係に何か問題があったようです。

お義母さんは気さくな人で、私は気を使わず付き合えました。でも、ちょっと押しの強い、相手の意志はおかまいなし、のところがあったり、同じことを何度も言ったり、言い出したらきかない頑固なところがありました。でも私からすれば、年をとれば、少なからず、そういう面はあるもの、言い方は悪いですが、適当に聞き流していればいいこともあります。

私は旅行社時代から仕事柄、ご年配の方と話す機会も多く、慣れていたからかもしれません。そもそも、私の父が超がつくほど、口うるさいですから、鍛えられています(笑)

繊細で気の利く義姉は多分、そんな義母とのやりとりに馴染めず、なにか心傷つくことがあり、離れて行ってしまったのでしょう。せめてお正月くらい、と私たちが誘っても、なんだかんだと理由をつけて来なくなってしまいました。親戚の法事にも全く来ませんでした。

はっきりとした理由もわからないまま、さすがに、おおらかな義母も気にし始めていた矢先、突然亡くなってしまったのでした。 

そのお通夜の席で義姉と甥っ子とは10年ぶりくらいに会いました。10年ぶりに来て喪主の妻として振る舞う義姉に違和感を感じました。でもやっと会えた従兄にうちの子どもたちは嬉しそう。これを機にまたお付き合いができたらいいな、そう思っていたのですが、翌日の告別式を最後にその後一切の法事に義姉と甥っ子は出てくることはありません。

そんな義姉を冷たいな、と思い、何も言わない義兄は一体何を考えているんだろう???と非難めいて思っていました。

でもあるとき、思い出したんです。まだ私が結婚したばかりの頃、姉に言われた一言

美帆ちゃんはいいおうちに育ったのね〜

聞けば、義理姉の両親は会社を立ち上げ、二人忙しく、祖母に預けられて育てられたとのこと。家族団欒があまりなかった、と。

いいおうち???

我が家いつも人に溢れていました。父方も母方も年に何度も兄弟姉妹で集まり、旅行もしたし、従兄弟とも兄弟同然、遊んでいました。父は社交的で、自分の友達家族もよく家に呼びました。今年のお正月、14人なんて少ないくらいです。私が子供の頃は20人以上集まっていたこともざらです。そんないつも賑やかなおうちでした。

義理姉と私、義母に対する接し方、感じ方は、幼少期の環境の違いによるものもあるかもしれません。

今年、甥っ子が成人式を迎えました、と年賀状が来ました。親子3人の並んだ写真を見たら、なんだかほっこりしました。うちのダンナさんとよく似た義理兄、うちの息子とよく似た甥っ子、数少ない血を分けた親戚。会いたいな〜

もしかしたら知らず知らず、私の方にも義理姉を傷つけていたことがあったかもしれません。自分の価値観だけで避難していたような気がします。人はすべて自分と同じ考えとは限らないもの、私からもまた近づく努力をしよう、そう思いました

男兄弟はあっさりしたもので、ダンナさんは私ほど気にはしていないようですが、さすがに両親が亡くなり、たった一人の肉親である兄家族とは会いたいでしょう

そうだ、うちの息子の受験が終わったら、甥っ子の成人式のお祝いと息子の卒業祝い、一緒に誘ってみようか、と話しました

お義母さん、見守っていてくださいね

これからは少子化がどんどん進み、ただでも兄弟親戚が少なくなっていきます。数少ない身内を大切にしたいですね。

そして、あらためて、元気で健在の私の両親に感謝です♡

三が日も実家で母の従妹を招いてご馳走でした♫

さあ、のんびりお正月もおしまい、ゆうすいは五日から初売りです!年が明けると一気に春めいてなんだか明るい色が着たくなるから不思議です

皆さまのお越しをお待ちしています♫

The following two tabs change content below.
内田 美帆

内田 美帆

セレクトショップゆうすい2代目オーナー 旅行会社勤務を経て現在の店を継ぐ 海外旅行の服装のアドバイスも 大の帽子好き、持っている帽子の数は100を超える 雑貨使いのおしゃれ達人 ストールの巻き方を自ら考案も そのセンスを買われ国立NHK学園のストール巻き方講座の講師にも抜擢、好評を得る コープみらいのシニア講座講師も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする