いつまでも夏のままになっていませんか?簡単!秋の取り入れ方

実家でご飯をいただきました。我が家は祖父母、私の両親にこれまで、かなり子育てを手伝ってもらってきました。もう、ほとんど手助けの必要なくなった今でも夕飯は週に2〜3回ご馳走になっています。

スープの冷めない距離、とよく言いますが、我が家の場合は、スープがアツアツのままの距離とでも言ったらいい関係です(笑)

栗ご飯、自分ではなかなか向いて炊くなんてことは出来ません。季節のものを味わえるなんて、幸せです♡

こんばんは

水と緑豊かな小金井のセレクトショップゆうすい美帆です

気づけば9月ももうすぐ終わり、2学期がはじまり、学校行事が一番多い時期で忙しくなってきました。
なんだか忙しそうだけど、あなたは一体仕事以外に何をやっているの?と母が心配して聞いてきました。

そういえば、今月は週に2〜3回、店を空けてますね。今週は科学の祭典の打ち合わせに、スクールカウンセラーの講演会、それから娘の運動会、週末には、小学校の運動会見学、はけの朝市お手伝い、TPP勉強会、、、

えっ〜と、今日の予定は???

毎日スケジュール帳を確認しないと予定を間違えそうです。私の本業は一体なに???

母が心配するのも無理もありません、、、

ちゃんと仕事もしてますよーーーーーーーー!!!

ということで、久しぶりの本業の話、秋のコーディネートについて書きますね(笑)

暑さがぶり返すこの時期、世の中秋物〜と言っても、なかなか、パッと衣替えとはいきませんよね。もうすぐ十月というのに、30度の夏日って???最近の異常気象はお洋服屋さん泣かせです(泣)

でも、秋物を扱っている私がいつまでも夏物を着ているわけにはいきません。でも暑いのを我慢するのもね〜

あ〜でもまだ秋物に手を通すのは、ちょっと暑い、、、

夏に着てた中でも、とりあえず色だけでも秋っぽいものを、チョイスします。

そこに羽織り物をプラス

秋色のダークカラーのカーディガンを選びます。暑ければすぐ脱いで、調節出来ます。

さらにポイントは小物使い

アクセサリーと羊毛コサージュにしました 。ポロシャツの襟元にも秋の訪れ♡

帽子に付けてもいいですね。デニムの中折れ帽は今年の流行りなんですよ、とこの前娘と行ったアウトレットの帽子専門店で勧められ、つい買ってしまいました。帽子好きのサガですね〜

でも、デニムはオールシーズン使える万能アイテムですが、だからこそ、季節感を表現しにくい。なので、羊毛コサージュを付けることで、秋冬っぽいを雰囲気を出すことが出来ます。

そして、オシャレは足元から、と言うように

靴をサンダルからブーティに変えました

ちょっと太い足でごめんなさい〜

本当はイタリアンストッキングのミキティみたいに、セクシーなショットをお届けしたかったんですけど、、、

ミキティ、写真お借りしました〜

涼しくなってきたので、ストッキングや足元のオシャレも楽しめますね

ステキなイタリアンストッキングが買える、ミキティのサイトはコチラ
http://www.rakuten.co.jp/allora/

このブーティーも、この前、娘ちゃんに付き合わされ行ったアウトレットで、会計の待ち時間にふと目に止まり、衝動買い。イタリア製でお値段も魅力的だったので♡

ママばっかり買ってーーーーー!!!

あ、やっぱり怒られました(笑)

怒られたところで、まとめに入ります!

まだ暑い日もある秋のコーディネートは、無理に一気に衣替えするのではなく、まず色からチェンジ!秋らしい深めの色を選び、小物を先に秋冬ものを取り入れましょう。

おしゃれも楽しみながら、快適に過ごしたいものです。今年の10月は例年より暑いんですって、、、

ゆうすいのお洋服は、素材の良いものを揃えているので、季節の変わり目にも快適に着れます

The following two tabs change content below.
内田 美帆

内田 美帆

セレクトショップゆうすい2代目オーナー 旅行会社勤務を経て現在の店を継ぐ 海外旅行の服装のアドバイスも 大の帽子好き、持っている帽子の数は100を超える 雑貨使いのおしゃれ達人 ストールの巻き方を自ら考案も そのセンスを買われ国立NHK学園のストール巻き方講座の講師にも抜擢、好評を得る コープみらいのシニア講座講師も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする