お知らせ news

2018-09-25
つながるirutoco(イルトコ)いいとこ♡みんなおいで♫

3連休みなさんいかがお過ごしでしたか

秋は行楽シーズン、イベントもたくさんありますよね

私も地元のイベントの一つへ行ってきました

小金井のみならず最近では全国で講演を行っている腹話術師いずみさんのチャリティーライブです

こんにちは

大人女子のおしゃれ応援団、帽子大好き、ストール巻き方講師、セレクトショップゆうすい美帆です

いずみちゃんはゆうすいのお洋服が大好きでよく講演に衣装として着てくれています。グレーのチュールのパンツはこの夏のお気に入りで、あちこちの公演で見かけました。

衣装替えして、ベレー帽姿に〜♫もちろんこのベレー帽もゆうすいセレクトです♡

グリーンのバッジをつけてアレンジも決まってます〜

笑いあり、涙は〜ないかな、ユーモアの中に、ちょっと社会派ネタもあって、子どもはもちろん、大人も楽しめます

お人形のケンちゃんは子どもたちに大人気〜♫

もちろん、大人たちにも大人気〜♫

そのライブイベントがあったのはこちら、武蔵小金井駅からゆうすいの前を通って、小金井街道を南下すること10分くらい

ちょっと住宅街に入った一軒家

就労移行支援事業所irutoco(イルトコ)

就労に困難のある方の支援をする通所福祉施設です

開放的な吹き抜けの玄関〜♫

広いキッチンとダイニング

通所者はここでみんなで食事をするんですね

 

ライブイベントの休憩時間にみんなでお茶タイム♫

こ〜んな大勢でも広々和気あいあい

明るく開放的で気持ちイイです〜♡

この日のお茶菓子はフォレストマムのパウンドケーキ、ゆうすいのストール講座でもお出ししましたよね♫

質屋坂にある優しい味わいのヴィーガン焼き菓子のお店です。

いつもはirutoco(イルトコ)のスタッフさんが美味しい食事を作ってくださるそうです。

二階も明るくて広々〜♫

この日はイベントスペースとしてセッテッィングされていましたが、いつもはここでみんなで作業するんですね。

irutoco(イルトコ)のスタッフのみなさんです。代表の野内さんをはじめ、みなさん穏やかで感じの良い方ばかり。でもしっかりサポート心強い、頼りになる面々です。

あ、腹話術師いずみさんも実はirutoco(イルトコ)のスタッフなんですよ。

irutoco(イルトコ)ってなんか気軽にお友だちのお家に遊びに行く感じで通えそうですね

詳しくはこちらをご覧ください。https://www.irutoco.com

 

よかったらゆうすいにもふらっと寄ってくださいね。irutocoの素敵なパンフレットありますよ。

秋物のお洋服はもちろん、季節を先取りしたい、帽子、ストールもあれこれ入荷しました。

あなたがあなたらしく過ごせるように

ゆうすいも応援します♫

 

ではまた

 

2018-09-03
Twitterで振り返る新学期に想うあれこれと講演会のお知らせ

すでに新学期が始まっているところも多いでしょう。

今日からほぼ全ての学校が二学期スタートしました。やっといつも通りの生活が戻り、ホッとしているお母さんも多いのではないでしょうか。

あ、それ私です(笑)

こんにちは

大人女子のおしゃれ応援団、帽子大好き、ストール巻き方講師、セレクトショップゆうすい美帆です。

学校へ行くのが当り前の子どもたち、もしも行けなくなってしまったら???

今朝のテレビで特集していました。やはりこの時期多いのですね。

特に親子関係についてがテーマでした。

我が子も以前、学校へ行きたくない、と毎朝うったえる日が続いたことがあります。どうしよう、困ったな、と思いながらも、学校は行った方がいいけど、必ずしも行かなければならないところじゃない、と考えていた私は、ある程度はなだめすかしたりしましたが、最後には、休みたいなら休んでいいよ、と言いました。

そういうと、大概、少ししてから、やっぱり行く、と出かけたりしました。

本当に休んだこともあります。学校には体調が悪いので、と母の私が連絡をします。そんな仮病認めて、、、?まあ、大人だってしんどい時ありますよね。具合が悪いのは、体だけではなく、心のことだってあります。

ちょっと休めば元気になることも。風邪だってそうですよね、無理して重症になってからだと、なかなか治らないけど、早めに休めに休めば軽くて済む。

一回休ませると、休み癖がつかない?そのままずっと休んで不登校になったりしない?内申が悪くならない?勉強が遅れて将来が不安、、、などなど、どんどん悪い方へ考えてしまう。

うちの子には普通になってほしい、普通にしてほしい、それが一番しんどかった。ゲスト出演の不登校経験者がコメントしていました。

大切なのは、あなたはあなたのままでいい、無条件に愛すること。

 

うちは子どもから逆に、お母さんはどうしてそんなに変わってるの???私が一生懸命フツーにしているのに!!!と抗議されました。その話は書くと差し障りがあるので、興味ある方はお会いしたときにでも。

当時は私も相当悩みましたが、子どもの気持ちを尊重した結果、子どもも落ち着き、自分の目標を見つけ、人と違う自分を認めることが出来たようです。

最近では人と違う自分を肯定的に捉え、ついでに変わってる母のことも少しは認めてくれているようです(笑)

この母にして、この子あり、ですね。

世のお母さんは大変です。こうしなきゃ、ああしなきゃ、こうするべき、ああするべき、そんな考えに縛られず、もっとおおらかに出来たらいいのに。

私自身、今にして思えば幸い、順風満帆な人生は歩んでこなかったので、小さな挫折は成長期にとって必要なことだと思っています。自分のつまずきを前例に子どもには完璧を求めません。だって私の子どもですから、自分と比べれば上出来です。あとは本人次第、どんな状況になっても自分で考え生きる力さえあればいい。

生きる力、それを育むのが総合学習の時間であり、最近盛んに言われているアクティブラーニングです。

自分で動いて学ぶ、受け身ではなく、主体的に。でも、そうは言いながらも現実、学校はみんな一緒、を求めているようなところもあり、窮屈さを感じている子どもが大勢います。自分の考えなんて言えない、多分先生はこう答えて欲しんだということを答える。空気を読める子が評価される。道徳の教科化が問題になっています。

答えのないはずのものを評価する怖さ。

新学期、いろいろなものを見聞きしたら、話があっち飛びこっち飛びしてしまいました。

そんな気持ちの整理をつけるためにも今週末はこの講演会へ

前回4月のお話もとてもわかりやすく、お人柄にも惹かれました。今回はさらに地元学芸大の大森先生や小学校の先生とのトークもあります。今の子どもたちを取り巻く環境、教育のあり方、今後のこと、きっと悩めるあなたに何か届くでしょう。

チケットはゆうすいで扱っています。当日は私も会場に行きます。

 

私には特別専門知識や資格があるわけではありません。でも人よりちょっとだけ多く学校に関わったり、ちょっとだけ多くの方とお話ししてきました。ちょっとだけフツーじゃない子どもがいます。笑

よかったらあなたのお話も聞きます。

あなたの気持ちがちょっとでも楽になったらいいな♫

ゆうすいにフラッと立ち寄ってくださいね。

ではまた

 

2018-02-17
雪の日の大人の事情と子どもの事情

あれはもうひと月前のことになるんですね〜

東京に大雪の降った日のこと

こんにちは

大人のおしゃれ応援団、帽子ストール大好きセレクトショップゆうすい美帆です

今は別々の高校に通う3人、久しぶりに会って余計はしゃいでいます

結局この日はうちで夕飯カレーを食べて、そのまま泊まることに

夕飯後に、かまくらつくろ〜♫とまた雪の中へ出て行く3人

え、え、本当につくちゃったよ

それも3人入れる大きさのを!!!

ほら、隣の車と比べるとその大きさがわかります〜笑

フツーの親なら、風邪引くからやめなさい!とか、近所迷惑だからやめなさい!とかいうのかな???でも〜一生にそうなんどもあることじゃなし、楽しいよね。

まあ、風邪ひいたって、元気な男子高校生、大したことないし、もう好きにさせとけ〜笑

あ、ちゃんと最後、ついでに近所の道路雪かきしておきなさい、ってそれだけは言いました♡

後日こんな投書が気になりました

今は雪遊び禁止の学校が多いとか、うちの子が小学校の時もそうでした。今でも雪が降ると娘は思い出して文句を言っています。

でも今年は違ったようです。朝の学活の時間に全校生徒一斉に雪遊びしたそうです。前の日に濡れないように支度をしてくるように、と連絡も入ったとか?

子どもたちは大喜びだったって〜♫

そうですよね〜

あの雪を窓から横目にして、授業なんか集中できないでしょ

その後、小学校の校長先生とお話しする機会があり、このことをお伝えしました。

昨年の春に新任の校長先生、せっかくの機会なので子どもたちに雪遊びをさせよう、と提案したら、職員室は騒然としたそうです。濡れて風邪でもひかせたら大変、服を汚したら大変、など、賛成の教師と反対の教師と話し合いはつかず、最後は何かあったら責任をとるから、という校長の一声で雪遊びが決まったそうです。幸い保護者からの苦情はなかったそうです。

雪遊びをさせない学校は子どもたちの貴重な機会を奪って罪深い、という投稿者の声ですが、それは保護者の苦情を慮ってのこと。

今の学校現場は大変です

過度な親の要望の対応に苦慮しています

俗にいうモンペ、モンスターペアレントですね

でも私、このモンペって言葉嫌いです

真っ当な要望も全てひとくくりにされて、言うべきことも言いづらい風潮を生み出してしまうからです。

話が逸れました。以前臨海学校帰りの息子の担任の先生から連絡が入りました。私は怪我でもしたか、何事か、とびっくりして電話に出ましたが、「息子さんが磯遊びのときに帽子を無くしてしまいました。申し訳ありません」え、、、そ、それだけですか???そんなの息子の不注意、先生が謝ることではありません。「先生、我が家は身体に関わること以外連絡ご不要ですよ」とお伝えしました。他にも習字の時、隅で服を汚してしまった、と連絡をもらった家庭もあったとか。なんだか必要以上に先生方が保護者に気を使っているようで、申し訳なく思ってしまいます。それと同時に先生方にそうさせている保護者がいることの問題も感じます。

なんだか、保護者が学校に対してお客様感覚になっているように思えて心配です。家庭で行うべき躾も学校に求めている。

ともに協力して育てよう、我が子だけでなく、地域で育てよう、そういう社会になるようにしていかなければ、そう思うのです。

PTA活動もそう、働いているから、忙しいから、参加できない、ではなく、だからこそ、保護者同士、横の連携を深めて、地域で子育てできる環境を作らないと。今の保護者は昔より忙しい???どうかな?いつの時代もそれなりに忙しかったと思います。変わったのは意識の変化かな?でもそこをどうこう言っても仕方ないし、分かりあうのも時間がかかるので、今私にできることをしよう、そう決めました。そんな私に理解を示して、手伝ってくれる仲間がいることをありがたく思って♡

え、また美帆さんに面倒巻き込まれた〜って???

あ、やっぱり〜笑

ごめんね〜

感謝しています♡

のびのび子育て〜もいいけれど、やることはやらなきゃね♫

カチコチに固まってしまった氷を息子頑張って片付けてくれました

やればできる子なんです〜笑

普段はなかなかやらなくて、イライラすることも多いですけどね

ゆるゆる子育て、今のところ、なんとかなっています

ゆるゆると春物も続々入荷中〜

ではまた♫

 

2018-02-03
こどみら小金井って?私の活動の原点を振り返る

参加予定でしたが、末っ子がインフルで出られません、、、

どなたか代わりに聞いてください

そういうお友だちの投稿を見て、ちょっと興味をそそられ投稿をシェアすると

適任者あらわれた〜♫

ねぇねぇ、私の代わりに行って話してきてくれない???

と頼まれてしまいまいました

日程を確認すると、なんとその時間あいているじゃないですか!!!いや、本当は確定申告の書類整理を始めようと、予定していたんですけどね、、、

これは神の思し召し???

偶然の必然ってヤツでしょうか

会場の学芸大学、その敷地内にある附属の小中学校は私の母校でもあります。

打ち合わせに着くなり、お待ちしていました!まずこれを食べるのがお仕事です(笑)って

玄米ご飯にひじき、煮物、おひたし、素材の味がそのまま楽しめる優しいお弁当は、国分寺の「でめてる」という自然食のカフェで作られたものだそうです。

でめてる???知らなかった〜

ここ学芸大は小金井市ではあるのですが、どちらかといえば国分寺に近い

国分寺、お隣の市なのにまだまだ知らないいいとこたくさんありそうです♡

でめてるはこちらhttps://mainichigohan.com/demeter/

今度行ってみよ〜♫

200人は入る大講義室

あれ?前の方の席空いてるよ〜

いつの時代も学生さんは控えめ???後ろの席がお好きなようです(笑)

講座の内容はチラシ引用してご紹介しますね

311後の子育て』
松戸市と我孫子市における市民と自治体による取り組みから

自分の子どもの食事や外遊びを考えるだけでなく、すべての子どもの健康を守りたい。
311後の子育てから生まれてきた哲学を市民と自治体の協力により具体化する動きが続いています。昨年度は、給食の放射能汚染の測定を重ねて安全な給食の実現につとめてきた小金井市民と小金井市のとりくみについて学びました。今年度は、土壌の放射能汚染の測定を出発点にして子どもの甲状腺検査を実現してきた千葉県下における市民と自治体のとりくみに学びたいと思います。

講師:木本さゆりさん、佐藤登志子さん
関東子ども健康調査支援基金共同代表(お2人とも)
311のとき木本さんは松戸市で佐藤さんは我孫子市で子育てをしていました。調手、「らこどもをろう関ネットて、 20139月から市民による子どもたちの甲状腺検査をおこなってきました。いま松戸市と我孫子市も放射能汚染の現実と子どもの必要をふまえ、甲状腺検査の費用助成をおこなっています。これらのとりくみは白石草『311後の子どもと健康』(岩波ブックレット 2017 年)ほかに紹介されてきました。】

お二人の講師の講演に私はどんどん引き込まれました。忘れていた当時のことがあれこれ思い出され、胸がきゅーっと苦しくなってきました。

我孫子の佐藤さんのお話

3・11後の不安な生活、「我孫子の子どもたちを放射能汚染から守る会」を仲間と立ち上げ、市や学校に除染の要望をし、自分たちでできることを、と校庭の草取り、落ち葉はきを行う、学校の先生方と信頼関係を築いていくなど、校庭全面除染までの険しい道のりをお話しされました。

松戸の木本さんのお話

放射能汚染を知り、当時幼い我が子をどうしたら守れるのか、猛勉強したこと。避難も考えたが、我が子だけでなく、その友だちのことも守りたい、とできる限りのことをやった。市への要望に留まらず、国へ、各省庁にも交渉。以下資料から引用します。はじまりは「我が子のため」でした。「我が子の幸せってなんだろう?」と考えました。我が子は、友達がいるから笑い合い、ケンカし合い、認め合って成長してきました。(中略)人は人との関わり合いの中で生きてる。それならば「我が子の幸せであるということ」は、我が子が健康で、友達と笑い合えることではないか、と思いました。となると、友達も健康でなければ笑い合えません。「我が子のため」を考えた時、我が子だけ、自分だけ、という概念はなくなりました。子どもたちみんなを守りたいと思いました。そして甲状腺エコー検査を始められたのです。被ばくの影響が現れるとしたら、これから、とその活動は今なお続いています。

以下は私が講演後に話したコメント、一言感想です。

子どもと未来を守る小金井会議(以下こどみら)の内田美帆です。私もこの学芸大には縁があり、小中学校に通いました。木本さんと同じ年で、同じ高一の息子と、中学生の娘がいます。この会も3・11の後、我孫子や松戸と同様に立ち上がり、学校や行政に校庭の除染や、給食食材の安全性を求めました。お二人のお話を聞いていると、忘れていた様子が思い出され、当時学童保育が卒所になる息子の放課後の居場所を不安に思い悩んだこと、仲間と賛同者を募り、学校に要望に行ったりしたことを思い出し、感極まりました。小金井では当時の活動から今も会の仲間が、放射能汚染の出ている、または出る可能性が高い地域の食材をデータにまとめて、学務課に届け、市内小中学校の栄養士さんに給食献立を作る際の参考にしてもらっています。3・11後しばらくは各校の給食献立表に、気になる食材の産地を掲載してくれていたこともあります。また、牛乳が当時大手メーカーが産地をミックスすることになり、その中に福島産も入ることを受けて、メーカーの変更を要望し、八ヶ岳の牧場に仕入れ先を変更することができました。そのため市内全域で100名ほどの牛乳をやめていた児童が飲むことを再開したと聞いています。しかしながら、国の基準を満たしているのに、わざわざ変更するなんて大げさな、という保護者もいて、同じ保護者として考え方の差に愕然としました。ですが、人それぞれ考え方はあります。その人の考えを否定するのではなく、少しでも子どもたちのために正しい知識を身につけてほしいと思い、その後私は積極的にPTA活動や地域活動に参加して、講演会や勉強会を開催しました。今も市の給食委員や食育委員をつとめ、食の安全性を広く考え伝える活動しています。

一言、と言われたのに、想いが溢れてきて、とても一言では収まりませんでした。

この講演を企画された学芸大の大森直樹先生の著書と、講演をされたお二人の活動についての本を購入してきました。

岩波ブックレット

「福島から問う教育と命」https://www.iwanami.co.jp/book/b254416.html

「3・11後の子どもと健康」https://www.iwanami.co.jp/book/b297929.html

私の買った本はゆうすいに置いておきますので、よかったら貸し出しますね♫

コメントを振り返り、あらためて思ったのは「こどみら」のことでした。

子どもと未来を守る小金井会議、通称「こどみら小金井」

こどみらのメンバーとして、講演会に参加しコメントしてきた私ですが、実はもうほとんど会として活動はしていません。でも思えばそこからスタートして各自それぞれ自分にできることを初めているんだな、と気づきました。

以下は2年前に活動を振り返った5年史「わたしは忘れない」発刊記念に集まった時の様子です。

会の発起人の一人飯田さん

そしてその右、会の代表を務めてくださっている唯一のお父さん山内さん

私をこの会に入るきっかけになった重要な人物です(笑)

学童保護者会で知り合った山内さん、市に給食食材の安全性を求める署名活動をしていた際に、ゆうすいが署名の集約拠点になってくれないか、と頼みに来たのが始まりでした。

そして、たくさんの方が署名にゆうすいを訪れる中で知り合ったのが、今回のコメントのピンチヒッターを頼んできたさかいみほさんです。同じみほ、漢字も同じ美帆、それで意気投合したんですね。当時まだ彼女は幼児を二人連れ、小金井に引っ越してきたばかり、知り合いもほとんどいない中、一人何か出来ないか、とこの署名活動を知り、訪ねてきたのでした。

今では小金井になくてはならない有能な存在です。あ、まだこの時は今回インフルにかかった末っ子ちゃんはいなかった〜笑

いや〜思えば長い付き合いです。これからも頼りにしてます♡

あ、ほら、このブログでもたびたび登場する、ゆうすい専属モデルの腹話術師いずみさん

え、こどみらの芸人って紹介されてる???

一緒に活動をはじめた時はまだ腹話術やってなかったよね?あれからあちこちで公演、今じゃ市内のみならず全国で引っ張りだこ、、、になろうとしています(笑)

彼女の腹話術はただ面白いだけじゃない、エコについて、平和について、子どもの幸せについて、お人形ケンちゃんの口を通して、訴えています。小学校の道徳の時間にも呼ばれています。

いや〜ものすごい大活躍♫

あ、この日のブルーのチェックの服もゆうすいですね、ってさりげなくアピール♡

その奥のオレンジは宇野さん、小金井の給食を守る会、小金井の給食の歴史の生き字引です(笑)給食は広く子どもに関わる重要なもの。食材の安全性はもちろん、その質の高さを維持するために尽力されています。昨年秋から市のみんなのおいしい給食委員会で私もご一緒させていただいていますが、いろいろ教わることが多いです。まだまだ引退しちゃダメですからね♫

さらにその奥の方も〜ご活躍しすぎて、ちょっとここでは説明しきれません。小金井在住10年とは思えない公私に渡る活躍ぶりは、生まれも育ちも小金井っ子の私もびっくりです!!!(笑)

そして、学芸大の大森直樹先生

先生の進言のおかげで、私たちこどみらの活動はきちんと振り返り記録に残ることとなりました。そしてこれからの拠り所となるでしょう。

えっと、久しぶりに思い出してこどみらのHP開いて見ました。3・11からのさまざまな活動がここにも記録されています。http://koganeikodomira.blog.fc2.com 7時半

あれ?更新が2016年で止まっている〜

サイトの管理者って誰でしたっけ???

こどみらの5年史「わたしは忘れない」はゆうすいで販売しています。一冊450円、わたしも寄稿しています。

そして、わたしと一緒にコメンテーターをされた3・11当時市議会議員で、先の都議会議員選挙に立候補された漢人明子さんの著書もゆうすいで販売しています。漢人さんの著書はこちらから

プロフィール

他にもゆうすいには市内の活動に関わりのある資料もあれこれ置いてあったりします。

気軽に見にきてくださいね♫

はぁ〜長くなった

それで本題は、、、えっと、あれこれいろいろあって今の私があるってこと

ゆうすいは地域の交流拠点になっているってこと

以上です!

 

2017-12-27
制服もゆうすいにお任せ♫小金井市中学校制服取り扱いはじめました

もう〜いくつねると〜♫

早いですね、もう年末、一年もおしまいですね

春から進学のお子さんをお持ちのご家庭では特に、年が明けるといろいろと進学準備でバタバタと忙しくなるでしょう

こんにちは

大人女子のおしゃれ応援団セレクトショップゆうすい美帆です

ゆうすいで中学校の制服販売のお手伝いをはじめて、今回で2年目になります。昨年はいろいろ初めてて不慣れなこともありました。

成長期のお子さんの採寸は測った寸法通りとはいかず、どのくらいの見込み幅を持たせるか、親御さんと相談しながら決めなければなりません。成長の早い子、ゆっくりな子、ご両親の体格から推測したり、希望を伺います。決して安い買い物ではありません。出来ることなら途中で買い替えることなく3年間着たいですよね。

幸い、我が家には息子と娘がいますので、その経験も踏まえご相談に乗ることができます。制服だけじゃなく、学校生活の不安にもお答えしますよ。進学は子どもだけなく、親にとっても不安なもの。特に一人目のお子さんだと尚更ですよね。

どうぞ気軽にご相談くださいね。

小金井には5つの中学校がありますが、その中でゆうすいが取り扱うのは南中と二中です。

南中は新しい制服になってまだ2年目です。取り扱いは学生服の老舗ムサシノ学生服なのですが、小金井に店舗がないため、学校での一斉受付の後は代わりにゆうすいで受付を行います。今年の学校受付日は1月6日(土)10時半から12時です。その日が都合が悪い方は8日以降ゆうすいへお越しくださいね。

二中の制服が詰襟から今のブレザーになったのは10数年前のこと。実は二中の制服は二種類あるって知っていましたか?うちの息子も卒業生なのですが、実は私も知らなかったんですよ。

新入生説明会では、この2種類のパンフレットをもらったと思います。

デザインは基本同じなのですが、材質や裁断、さらには価格も違うのです。

南中と同じムサシノ学生服、その他にクローバー学生服、この二社が取扱っています。同じ学校、同じ制服なのに、なぜ二社?ここが不思議なところです。確かに入札の時には競合は必要ですが、同じものを二社に取り扱わせる理由が不明です。

おかげで学校受付日には会場が二箇所別れてあります。保護者はよくわからず、なんとなく選んでいるのではないでしょうか。

ですが、制服業者は必死です。例えば新入生が100人いたとします。そのうち何人自分のところで申し込みをしてくれるのかわからないわけです。仮に10人しか申し込みがなかったとしても100人分を想定して、制服生地を確保しておかなければならないのです。通常のアパレルは生地がなくなれば生産中止、よく年はまた違う布地で作ればいいわけですが、制服はそういうわけにはいきません。生地屋さんと複数年契約をして確保しなければならないのです。その受注の不確かさも制服の値段が高いと言われる一因になっていると思われます。

ちなみに残りの3校、一中、東中、緑中もなぜかムサシノ学生服とクローバー学生服の二社両方がが扱っています。

どちらか一社に絞れば、不当な競争もなくなるでしょうし、生産量の見込みが立つことで、価格を抑えることも出来るのではないかと思うのです。

実は今回ムサシノ学生服では、二中のYシャツとベストの価格を大幅に値下げしました。その他ブレザーなども若干ですが数百円から千円程度クローバー学生服より安くしています。

ただ一概に安いからいいとも言えません。それ以外にも支払い条件が異なったり、受付方法や場所が異なったり、選択の基準はいろいろです。

ゆうすいがお手伝いしているのはムサシノ学生服です。もし条件があって選んでもらえたらうれしいです♫

あ、そうだ、ゆうすいでは今回からさくらギフトカードが使えることになりました。これは商工会が地域振興のために発行しているギフト券で、5,000円分が4,600円で購入できるのです。実質消費税分8%割引になります。制服はまとめると大きな金額なので、少しでも保護者の負担を減らそう、そういう支援でもあります。

11月から発売開始され、すでに半分以上販売されたそうです。ご利用の方はお急ぎくださいね。小金井市商工会で販売しています。

制服購入のご案内をするはずが、なんだか話が複雑になってしまいました。

制服は昨日今日の話ではないので、今後どのような形がよりいいのか、皆さんとも考えていけたらいいですね。

我が子がなんとかなればいい、という問題ではないと思っています。その先の世代のことまで今考えなければ、ずっとこのままですから。

ではまた♫

 

2017-11-01
ユニーク子育て3つのポイントと気になるカレー屋さん

雨続きの10月でした

その雨の合間とっても晴れた日に久しぶりに自転車で遠出してきました

 

あ、嘘です。遠出なんて大げさな、、、市内のちょっと端っこまでです(笑)

でもいつもは自宅と店まで3分を自転車で通っているだけの私にとっては、ちょっとしたサイクリング。気持ちよかったです〜♫

何か目的がないと同じ市内でもなかなか出かける機会がないものです。

お友だちのミッキーさんが企画した子育て講座、講師は市内の印刷業3代目、水越さん。


その水越さんにはジオラマアニメーターとしてデビューする息子さんがいます。そのユニークな子育て法をぜひ聞いてみたい。

漫画の得意な水越さん、息子さんの上履きにピカチュウを描いて大喜びした話。

私も子どもの持ち物によくイラストを描きました。思い出したのは愛車のマーチにクレヨンで絵を描かせ、そのまましばらく走っていたこと。クレヨンって油性だから雨にも強く、意外と落ちないんです。それでいて、中性洗剤で簡単に落ちる。確か横の扉に娘が描いたお姫様の絵、トランクの扉に息子が描いた動物。当時はちょっとした名物カーでしたっけ。

好きなことはどんどんやらせて、褒める。

私は子どもたちが保育園や学校で描いた作品は褒めて家中に飾っていました。そのうち我が家の壁という壁は子どもたちの作品で埋め尽くされ、まるで美術館。さすがに中学生になった娘に、恥ずかしい〜と片付けられてしまいましたが、幼い頃は嬉しかったようです。

生き物好きの息子の昆虫採集や魚とりにも、時間の許す限り、とことん付き合いました。

水越さんの子育ての話は聞いていて、あ、同じ、似たようなことあったな、と自分の子育ても振り返ることができました。

我が家の子育てはまだまだ途中ですが、なんとなくこれまでしてきたことは、個性を生かす子育てとして間違っていなかった、と自信になりました。

 

ガラクタだと思っていた、ジオラマ作品が友だちのツイート一つで、世に認めらたこと。ツイッターのプロフィールに夢を描いていたら、現実になったこと。

「叶」という字は「口」に「十」

夢は口に10回出す、出せば出すほど、叶う。

子どものマイナスをいかにプラス志向にできるか

3つの大切な言葉

当たり前のようですが、これが意外と難しい。あらためて心に刻みます。

夫婦の3つの約束、これは私にとって最大の課題かもしれません。

子は親の鏡。ご夫婦で同じ仕事をされている水越さん。その夫婦仲の良さは子育てにも大きく影響します。私?え、私は無理だな〜ダンナさんと同じ仕事なんて〜笑

ほどほどの距離を保ちながら、いい夫婦関係でいたいと思います

 

その水越さんの息子さんのジオラマが初の写真集出版されました。それがこちら

【新宿・紀伊国屋本店7階】
●11月16日(木)までジオラマ展示(大型作品2点)
 
【書泉ブックタワー9階イベントホール】
●11月8日(水)〜9日(木)ジオラマ展示(未公開新作1点)
●11月8日(水)19:00〜 サイン会(要予約)
https://www.shosen.co.jp/event/63871/
 
【模型ファクトリー新宿マルイアネックス7階】
作品展示サイン会
●11月30日(木)までジオラマ展示(大型作品2点)
●11月18日(土)11:00〜20:30
●11月19日(日)11:00〜20:00
http://mokei-factory.com/program/
 
【渋谷・大盛堂】
●11月26日(日)12:00〜13:30(ジオラマ小物数点)
 団長とMozu親子とのトークショー&サイン会(要予約)
http://taiseido.co.jp/sbd20171126.html
 
【TSUTAYA幕張店】
●ジオラマ展示中(台車&廃車)
 
※詳細はそれぞれの案内サイトをご参照ください。
 
 
なお、書籍はお近くの書店またはAmazonでもお買い求めいただけます!
 ↓
http://amzn.to/2xgEL6y

ぜひお手に取ってみてくださいね。現物模型が展示されているところもあります。いつか小金井でも作品展が開催されるといいですね。きっと地元の子どもたちに夢を与えてくれるでしょう。

 

 

講座の後はお楽しみのランチ〜♫

ここ、ずっと気になっていたカレー屋さん。ゆったりとしたスペースでお子さん連れでも気軽に入れるので、坂下のママ仲間には人気店なんですって♡

カレーは本格的、でも辛さは調節できるので、辛いのが苦手な人でも大丈夫。私はミッキーさんオススメんのバターチキンカレーにしました。大きなナンがおかわり自由なのもうれしい♡あ、私は一枚で充分お腹いっぱいでしたけど。ランチビールも飲んだしね(笑)

ランチをご一緒したのは、講座の企画に関わった面々、今は皆さん子育てに専念していますけど、それぞれ優秀ですよ〜♫PTAにも関わり、子育て環境を良くしたい、地域を良くしたい、とボランティアにも熱心です。いや〜私の後輩たち頼もしいです♡あ、勝手に先輩風吹かしてすいません〜

そんなママたちに囲まれて、講師の水越さんもたじたじだったかも〜笑

カレー、エスニック料理のキャラバンダイニングはこちら

https://tabelog.com/tokyo/A1325/A132501/13168018/

 

実は今回の講座は連続講座の第一回目。まだまだこれから興味深い講座が続きます。なかなか地元では、それも市内の一番端っこ。ここで聴く機会は貴重ですよ。ぜひぜひご参加くださいね。

では今日はこの辺で♫

 

2017-10-27
私の一週間、私の課外活動についてご報告します♫

雨続きで寒い一週間でしたね

ご来店も少なく、ちょっと寂しいゆうすいでした

で、ですが、私はほぼ連日店を留守にして学校やら市役所へ

まるで通勤していたような一週間

こんにちは

大人のおしゃれ応援団、帽子大好きセレクトショップゆうすい美帆です

えっと、この日は地域の学校の公開授業へ

地域で働く人として、子どもたちに仕事の話をしてきました。

職業EXPOは今回初めての開催、子どもたちにこういう機会を作ってあげたかった、そういう先生の熱意は素晴らしいですね

日々忙しい学校現場で、新しい試みをするということは、先生にとってかなりの負担、先生の熱意を感じます。

今回は13業種の方が揃いました。私がお話聞いてみたい職業も〜笑

子どもたちは数人ずつの班に別れ、興味のある各業種のブースを回って、それぞれ質問します。私のところにも20人くらいの子たちが来てくれました。女の子ばかりかと思ったら、男の子も来たんですよね。

セレクトショップとは、お洋服屋さんに限らず、お店の人がお勧めする商品を販売するお店。私はここでしか買えないもの、特に地元の作家さんの作品を置いていること。ゆうすい通信のことを話して、自分のお店だけでなく、地域の他のお店を紹介ていること。みんなにも地域のお店にもっと知って欲しいこと。など伝えました。

みんな真剣に聞いてくれて、こっちも真剣に考えて答えました。なかなか緊張もしましたが、楽しい体験でした。

いろいろなことにチャレンジして欲しいな。今やっていること、これからやること、全てが将来へつながっていくよ。無駄なことは何一つない。全てが経験になる。

また来年もあったら、ぜひ参加したいです。今度はもっとうまく伝えられるようにしよう♫

 

その前日は給食を食べながら、校長先生や地域の方と懇談会でした。

この日の献立は、手作りさつま揚げ、けんちん汁、わかめご飯

野菜たっぷり、薄味でも出汁のしっかり効いてます

このアルミの食器もなつかしい♫

でも実はこのアルミの食器は今年まで、来年度には強化磁器食器に変わる予定です。実はお金のない小金井市、一度に変更できず、順番に毎年数校ずつ、設備投資しています。市内5中学校、9小学校、これでやっとみんな同じ白い食器で食べられます。

こちらは以前食べた中学校の給食

やっぱり白い食器の方が美味しそうに見えますよね♫一時はプラスチック食器という案もあったそうですが、熱心な保護者の働きかけがあり今日に至っています。

 

そして週末午後は音楽会

地域の中学校のウィンドアンサンブル部のコンサートです♫

 

このコンサートは今年で3回目。

きっかけは息子が中学に入学して、その音楽会で聴いたウィンドアンサンブル部の演奏があまりに素晴らしかったので、ぜひ地域の小学生に聴かせたい、また中学生にも地域で演奏する場を作ってあげたい。そう思ってPTAに働きかけたのでした。

以来とても好評で、このコンサートを聴いて憧れて、中学入学後ウィンドアンサンブル部に入ったという子もいると聞くと、本当によかったな〜と嬉しくなります♡

 

一生懸命演奏する姿、真剣に聴く姿、どっちもいいものですね♫

夢のある子どもたち、その夢を、未来を私たち大人は守らなくてはならないな、そうその姿を見て強く思いました。

 

他にもいくつか委員会に出席したのですが、今日はこの辺で終わりにしておきます。

どれもこれも子どもたちに関わる大事な話。市民任せにせず行政にはもっとしっかりして欲しいな

あ、放課後子どもプラン運営委員会は傍聴した方がブログにアップしてくれているので紹介しますね。

あれあれ、なんだか私、一体何やってるのかわからないブログになっちゃいましたね

 

そうだ、職業EXPOの後、こんなことがありました

そしてまたこんなお客様も〜♫

冬物新作が大量に届きました。先週の分も今週はしっかり出勤してま〜す!

遊びに来てくださいね♡

ではまた♫

 

2017-10-08
あの有名なカレーとちょっとまじめな給食の話

突然ですが、みなさんの思い出に残る給食の献立ってなんでしたか?

私が好きだったのは五目ご飯

当時の給食はほとんど毎日食パンだったので、たまに出るご飯が美味しく感じたんですよね。

 

こんにちは

大人のおしゃれ応援団、帽子大好きセレクトショップゆうすい美帆です

地域の中学校で給食を食べる機会がありました

この日の献立はポークカレー

あの噂に聞いていたルーから手作りしているカレーです

最近の家庭はほとんどルーは市販のものを使っています。はい、私もです。結構美味しいルーもあるし、、、

なのでルーから手作りしている給食、そのカレーを食べれるなんて貴重な機会です

 

みんなが食べれるように辛さはほどほど、でもスパイスの味がしっかりしていて、コクがありました。

あ〜これが噂に聞いていたカレーライス♡

小金井市の学校給食はカレールーはもちろん、出汁も化学調味料を使わず一から素材からとる。極力加工品を使わない。食材も安全性も考慮され、本当に自慢の給食です。

先日神奈川県のある地域で、中学校の給食の残食率の多さが問題となっていました。その地域の中学校は最近まで給食がなく、保護者の要望で、デリバリー給食が導入されたところでした。デリバリー給食って聞きなれないですよね。ようは業者に作った弁当の配食サービスを利用した給食です。これが美味しくない、冷たい、異物混入が時々ある、など様々な理由で日によっては半分以上が残されているそうです。

他にもセンター給食という方法もあります。これは各地の給食センターでまとめて調理し、学校へ配達され、配膳は各校で行われます。これは給食専門業者なのですが、やはり出来立て、とはいかず冷めたものを食べることになります。

これに対して、自校式給食というものは、各学校に調理室があり、そこで調理されます。カレーの日などは朝から匂いが学校中を漂い、食欲をそそります。温かいものは温かいうちに食べることができます。美味しさもひとしおです。

小金井市は小学校はもちろん、中学校も全て自校式給食です。それが当然だと思っていました。

給食のない中学校があるなんて思ってもみませんでした。私は今子どものお弁当を毎朝作っていますが、かなりの労力です。給食のありがたみを今ひしひしと感じています。

実は少しでもお弁当作りの励みになるように、毎日写真を撮り投稿しています。Twitterで #ゆうすい弁当 よかったら探してみてくださいね。

 

出来立てのものを食べられ、栄養素もちゃんと考えられている。お弁当だと家庭によって格差があります。満足にお弁当を用意できない家庭も。育ち盛りの中学生には本当にありがたいことです。そして全て子が等しく同じものを食べられる。

さらに小金井市は各校に栄養士さんがいて、日々献立にも工夫を凝らしています。旬の食材を取り入れたり、季節の行事の献立、各国の献立、開校記念日のお祝い献立なども。食育の面からも重要な役割を担っています。


今市内約半数の学校の調理員さんは民間委託されていますが、各校の給食の質に大きな隔たりはありません。それは小金井市学校給食の指針というものがあるからです。指針の詳細はこちらhttps://www.city.koganei.lg.jp/kosodatekyoiku/gakkou-kyouiku/kyushoku/sisinnkoukaiyou.files/sisinkoukaiyou.pdf

これを守っているからこそ、誰が作っても同じ内容のものができるのです。

ちょうどこのカレーを食べた前日に私はある面接に行ってきました。

みんなの美味しい給食委員会というものがあり、その委員に応募しました。給食の質を守り、給食への理解を広める活動。現在結果待ちです。

あんなにちゃんとした面接なんて、就活以来ですよ。あ〜キンチョーした〜笑

さて果報は寝て待て、というので、今日はこの辺にして、おやすみなさい〜♫

 

2017-07-25
お祭りの余韻と地域のつながり 顔の見えるお店

週末は地元で阿波おどり大会でした。今年で39回目なんですって、ビックリ!!!私の子ども頃からやってるんですけど、年々盛大になっています。


こんにちは

大人のおしゃれ応援団、帽子大好きセレクトショップゆうすい美帆です

この日は幼馴染の屋台で焼きそばを買うのが恒例。そしてなぜかケンタのチキンが無性に食べたくなる。さらに今年から初出店の友だちのお店で、徳島すだちモヒートをいただきました♫

見慣れた街がこの日ばかりは一変

道路の真ん中を缶ビール片手にそぞろ歩き


駅前ロータリーで大宴会

来年にはない西友を背景に阿波おどり

私がカメラ構えると

出た!内田さんの地鶏〜♫

って、写真に入ってくれる仲間がいます

やっぱり地元仲間サイコーです♡
我が子はすっかり別行動ですが、よその子の成長ぶりが見れるのもうれしい

みんな大きくなったね〜♫
一日目はほろ酔い気分で帰宅、それぞれ別行動の息子と娘が帰宅して、久しぶりに会った友だちの様子を楽しそうに話すのを上の空で聞いていました。
2日目は家でゆっくり夕飯を食べたあと、ゆっくり出かけました。仲間とワイワイではなく、なんとなく街の様子とか子どもたちの様子を眺めに。

一人でぶらぶら〜と思ったのに、ダンナさんも一緒に行く、って〜笑
祭りの最後は観客も踊りの輪に入って、盛り上がって、終わりを迎えます。


さ、帰ろう〜というダンナさん、を尻目に、いやいや私の今日の目的はこれから〜

子どもたちが集まっているであろう、駅前広場からヨーカドーへ

あちこちに中高生のグループがいます。

みんなワイワイ楽しそう〜♫この日はいつもと違って開放感、普段はこんな遅い時間に友だち同士で出歩くことを許されてない子達も、少々大目にみてもらってるのかな?あちこちのグループに見覚えのある顔が〜

息子や娘の同級生、学童で一緒だった子、放課後子ども教室に参加してくれてた子、などなど、面影あるけど、みんな大きなったな〜

さらにうれしいのは気づくと、向こうから挨拶してくれるんですよ。

みんな恥ずかしげに、ちょっと目を合わせ、ぴょこっと会釈。かわいいな〜図体ばっかり大きくなっても、本当にかわいいな〜
思えば阿波おどりを観てるのは主に大人と小さい子たち。中高生は阿波おどりなんて見てなくて、友だちと一緒にいることがただただ楽しいのです。そういう年頃いいな〜

そういえば、一日目、息子が補導された、と言って帰ってきたんですよね。正確には補導されそうになった、というか、お巡りさんに注意を受けただけのようですが、駅前にグループでいたら、通報されたとか。本人曰く何をしてたわけでもなく、ただ集まって話してただけ。

でも、本人たちはそのつもりでも、知らない人から見ると、集団でいると何か悪いことしてそうに見える、のがこの年頃です。
本当は通報とかではなく、もう遅い時間だよ、親御さん心配してるよ、早く帰りな、ってちょっと声かけてくれたらいいんですけど、でも、知らない子、まだ子どもとはいっても、自分より身体の大きい子に声かけるのって勇気いりますよね。逆キレされたら、どうしよう、とか思うと私でもためらわれます。
だから、それはそれで仕方ないと思います。通報してくれた方には感謝です。

だからこそ、日頃からの関係性、普段から目を配って、見てるよ、見守ってるよ、って、あちこち顔を出すことは必要だな、と思いました。
私も顔見知りの子、小さい頃から知ってる子になら、ほら、もう帰る時間だよ、危ないことしちゃダメだよ、とか声掛けることができます。

だから子育て中のみなさん、どんどんいろんな行事に参加して、保護者同士はもちろん、子どもたちとも交流を深めてくださいね♫
子は地域の宝です。みんなで見守れたらいいな〜
ゆうすいもカンガルーポケットのお店として、地域の見守りスポットをしています♡


そして、新しくできたこのお店も、きっと地域交流になくてはならない場所になる予感♫

お祭りですだちモヒートを飲んだお店


お友だちのいでらさんが、出身の徳島の美味しいものを販売します。


美味しくって、心の通った交流の出来るお店。徳島と小金井をつなぐお店。誰がやってるかわからないお店じゃなくて、顔の見えるお店。

その彼女の活動が紹介された、徳島の新聞記事はこちら

http://www.topics.or.jp/sp/special/122545472032/2017/03/2017_14900608381376.html

宮地楽器ヤマハの裏通り、ちょっとわかりにくいけど、ぜひお出かけくださいね♡
ではまた

 

2017-07-03
アリエッティのふるさと野川と優しいアロマの虫除け

今日は都議選でした

選挙の帰り、近くの野川まで足を伸ばしてみました

今の時期は川が見えないくらい緑がいっぱい

アリエッティが渡っていったこの川

小金井から都議に選ばれた方には、この豊かな自然を守ってほしい、そう心から願っています

こんにちは

大人のおしゃれ応援団、帽子大好きセレクトショップゆうすい美帆です

選挙の後は次の目的地、丸山台集会所に向かったのですが、ここがなんともわかりにくい。大きな幹線道路の真ん中、三角州みたいなところなので、方向感覚がつかめません

特にもともと方向音痴の私、なんか違うな〜なかなか着かないな〜とグーグルを開くと

あ〜やっぱり、、、全然違う方向へ行ってます

赤が目的地、私の現在地が青です。今はこうやって、一目でわかる。スマホって便利ですね、本当に助かります

後はスマホに導かれてなんとか到着〜

ここで、地域の居場所作り講座でご一緒した、マコさんが「たからばこ」と言う活動をしています

地域のいろんな人が集まって、いろいろな企画を楽しんで、交流する。

なかなかご近所付き合いも少ない昨今、地域の人と知り合える機会、貴重ですよね

この日も赤ちゃん連れのママから、シルバー世代まで、多くの方で賑わっていました

この日の企画はアロマの虫除け作り。暑くなると蚊など虫には悩まされます。でも市販の殺虫成分のある、虫除けは使いたくない。特に小さなお子さんには。殺虫成分って、結局は毒なんですよね。

 

以前、私も気にせずに使っていたことがありました。あるとき、家の中でゴキブリが出て、シューと言う殺虫剤をかけて駆除したんです。すると、同じ部屋で買っていた虫かごのカブトムシが、バタバタと暴れ出したんです。

大きなカブトムシが、虫かごの中を、ブンブンと暴れまくり、飛ぶ、と言うより、のたうち回り出したんです。同じ部屋ですが、もちろんカブトムシに直接殺虫剤をかけたわけではなく、数メートル離れていました。それなのに途端にあの苦しみ方。慌てて、空気の綺麗な玄関に出しましたが、このまま死んでしまうんじゃないかと気が気ではありませんでした。数時間でカブトムシは落ち着きホッとしましたが、あの苦しみ方は今も忘れられません。

カブトムシがあんなに苦しんだ殺虫剤、ということは、人間だって、症状は出なくても、吸っていいものではないはず。

以来、市販の殺虫剤、虫除けスプレーもこわくなり、なるべく使用を控えるようになりました。生協なので、虫が嫌う匂いのアロマ成分の虫除けなどを使っています。

でも自分で作れたら、いいですよね。

そう思って、今回の企画に参加してみました。

 

 

オススメのアロマオイル、好きな香りを組み合わせられるところもいいですね。

企画されたマコさん、教えてくださったさゆりさん、ありがとうございました!

 

次回のたからばこの活動はゆうすいの店頭でもお知らせする予定です。お近くの方で気になる方はお問い合わせくださいね。

 

確か、この近くにカフェができたとか?でも場所がわかりにくいんですよね。そんな話をしたら、参加の方が、知ってるわよ、すごく素敵なところよ〜♫と教えてくださいました。

そんなご近所の情報交換も出来ます

そのカフェの紹介は長くなったので、またあらためて


野川の緑を思い出させる、爽やかなグリーンのお洋服

サマーセール開催中

いいもの早めに

お待ちしています

 

page top